ニュース
問合せ

カートを見る

■ Latest Entry
■ Search

■ Archive
    【リアル店舗】
    OPEN 11:00-20:00
    定休日 火曜日
seic bike

店のメールに届く多くのDM。ほぼいらないメールですが中にはキラリと光る営業メールも。今回ダイレクトに営業していただいたのが台湾でOEMをやっているsmiling elemetns international co.ltd のオリジナル・ミニベロ。自社HPの画像からなんですが、いい味だしたミニベロです。で、気になるのがシート、ダウンチューブについている革。通称バイシクルポータギングストラップ、自転車を持ち運ぶするためのストラップの模様。様々なオプションパーツが出てくる自転車パーツですが、ダイブ出尽くした感があります。こういうちょっと見たことないアイデアパーツがリリースされると嬉しくて目がいってしまいますね。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
東京オリンピック BMXパーク追加種目!

6/11のニュース見て驚きました、東京オリンピックの追加種目にBMXパークが!!三次スケートパークが出来たこともあり喜ばしいことは喜ばしいんですが、日本とアメリカ、ヨーロッパ圏のBMXシーンの違いがありすぎて”大丈夫か?”と思うことも。BMXライダーの多くはオリンピックを目指してやってきてないので大会なれしていない、とか国際的なジャッジできる人間がいないとか、国際大会規模の競技施設がない、とか改めてBMXシーンを考えさせられることに。とはいえオリンピック競技になったBMXパーク、今後盛り上がって欲しいものです。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
Bringing the World Together with Tall Bikes

トールバイク、いろいろ世界はひろっがってますね。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
ハイテン hi-ten

先週、車好きのお客さんと話をしていて”ハイテンのパイプで”と話をしたところ”高級な自転車?”となり”ママチャリよりかは・・”なんて会話になり、ちょっと話がずれたまま会話終了。で、気になって調べたところ、車で使われている鋼材にハイテン鋼があり、この略はハイテンション鋼でした。自転車の場合、海外のシートに書かれているのは”Hi-ten"となっていてこれはハイ・テンシル→高・張力ですね。ていうかインターネット内で見てもhigh tensile,ハイテンシル鋼と書かれているのにハイテンション鋼となっていたり高張力鋼でハイテンション鋼だったりと、なにがなんだか状態。スポーツバイクで3万円グレードの完成車でフレーム素材にハイテンと書かれている場合は間違いなくハイテンシル鋼です。鉄に油だったり、”ほにゃらら”を混ぜて鋼(はがね)になった高張力鋼。ちなみにBMXで使われている場合は”早くクロモリに乗せ換えなよ”と言われる素材です。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(1) | - |
子供用BMXの選び方

春の自転車需要、通称”春需”、スケートパークの開園で子供用BMXについて問い合わせを多くいただいております。町で乗るだけなら”見た目”で十分ですが、お子さんが「飛んだり走ったり」が好き、な場合は機材もそれにあわせて購入されないといけません。そこでまず子供BMXのジャンルです。まずは

●BMXレース

専用のコースを速く走る競技です。オリンピック種目にもなっているため規格やサポートはしっかりしています。ただコースがあるところが限られるため誰でもできるわけではありませんね。

もしコースが近所にあり、お子さんが速く走りたい、という場合はBMXレース専用の車体は必要となります。お子さんの身長に合わせて

・マイクロミニ 適応身長:90cm〜110cm

・ミニ 適応身長:100cm〜120cm

・ジュニア 適応身長:120cm〜135cm

・エキスパート 適応身長:130cm〜145cm

からサイズをあわせて選びます。完成車を扱っているメーカーは日本では限られていてGT,Mongoose,HARO,SE bike,KUWAHARAから選べば間違いありません。

 

●BMXストリート/パーク

飛んだり、回ったり、こすったりをするBMXです。町で乗る場合をストリート、スケートパークで乗る場合をパークと呼びます。これはもう怪我さしなければ、何乗ってももOK。大人が12インチホイール乗る場合だってあります。といっても判らないので大まかにいうと

ホイールサイズで

・12インチが適応身長:95cm〜105cm

・16インチが適応身長:100cm〜120cm

・18インチが適応身長:130cm〜150cm

の中から選びます。サイズが合わない場合はハンドル、ステム、クランクの長さをカスタム交換して合わせて乗るのが基本です。

あと壊れにくい為にはフレーム,フォーク、ハンドルがスチール(4130クロモリがベスト)、ヘッドチューブ(HT)が1"1/8,クランクが1pscというものより3pscというものがいいですね(値段ははります)。

 

●BMXフラットランド

BMXでペグと呼ばれるホイールの先についた棒のうえに乗り、トリックを決める競技です。サイズ選びはストリート/パークと一緒ですが、前タイヤ、後ろタイヤを上げることが多いのでトップチューブが短い、または自転車の長さが短くなっているもの、バックするときにトリックの邪魔にならないよう、ペダルが回らない構造のコースターハブ、が付いているものがいいですね。フラット専用メーカーは限られていてARES,motel works,TNBの中から選べば間違いないでしょう。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
Rawland cycles raven ULV

人がモノを欲しくなる条件として「皆が知っていて、誰も持っていない」がありますが、ことマニアになると「知っている人が知っているだけで、誰ももっていない」となります。で、rawland cycle。知っている人は知っているブランド。ここ最近動きがなかったんですが、昨年からこのravenのプロモーション頑張っていてやたら目にすることがあり、”ふーん”から”あらっ”になり”ん?”から”欲しい”に変わりつつあります。3年前くらいにここの29er組んだんですが、まー、所有欲を満たすつくりしてるんですね。値段も安いし。昔のsurlyの雰囲気を持ったブランドです。しかしこのrawland、日本代理店のタカマツケンジ氏も相当投げている状態で入ってきていません。なんでもうしばらく様子を見たいと思います。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
BMX&MTB トレイル

自然いっぱいの中に移ったのはやはり乗る場所が欲しいから。日本の山は個人所有のものが多く、「アメリカやカナダのように、国が管理しているから行政に掛け合ってトレイル作り」というのが難しい状況です。ま、そんなこといてもしょうがないので出来るところで始めます。以前、原っぱにダートジャンプのトレイルやってましたが所有者様の都合上で使用できなくなったこと、雑草との戦いに疲れた、こともあり、やはり草が生えてきにくい林間で作っていきます。下草刈り、ディグ、等、先はまだまだありますが、気長にやっていきます。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
デイブ・ミラ トリビュートモデル

昨年、ビックリしたのがBMX界の巨匠デイブ・ミラの訃報。90年代後半から2000年代のBMXパークの王者といえばデイブ・ミラでした。あの当時からリアルストリートが人気あったので「パークライダーでしょ」みたいな目があるなか圧倒的なトリック、スピード、ミスのなさでもう誰もなにも言わせない、そんな凄いライダーでした。ホフマンのドキュメンタリーでちょっとヒールとして描かれていたのもデイブ・ミラが凄いから故のことでした。

そのデイブ・ミラのトリビュートモデルがHAROからリリースされます。当時HAROに在籍していたそのままのテイストで、本当に当時のままのカラーリングです。そうそうこのミラモデルのエントリーモデルよく売れてたなあ、とちょっと感傷に浸ってしまいます。

 

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
三次市スケートパーク #2

三次市に呼ばれスケートパークの下見に行ってきました。全体の画像を撮ることを忘れてしまい各セクションしかお見せできませんが、イメージが伝われば、と思います。

まずコンクリートのバンクとステア

       

1800mmのクオーター

テーブルとスパイン

   

Rのヒップ

バンクのヒップ

バンクtoバンク モヒカン

アリもののセクションじゃねーか!というなかれ。これがまず1歩です。ここからシーンを大きくしてから楽しめるパークにしていきたいと思います。

また追加の情報が入ればアップしていきます。

 

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
三次市スケートパーク

以前お伝えした三次市にスケートパークを作ろうシンポジウム。

昨年、進展があり2017年4月上旬に三次運動公園内に広島県北部では初の本格的なスケートパークが開園します。

スケートパークと聞いて「アイススケート場」だと思われているような土地ですが、バイクトライアル、スケートボード、スノーボード、BMX,MTBの有志が集まりなんとかここまでたどり着きました。

今後はこの公園を中心として、県北全体が面白くなるようなイベントも開催していきたいと思っています。

まだ利用の細かい部分など決まっていないため追って情報をお伝えしていければと思います。

 

スケートパークとはこんな公園です。

| 為藤 敦 | 自転車関連情報 | comments(0) | - |
〒728-0013 広島県三次市十日市東1-5-9
tel/fax:0824-68-0999
e-mail:info@norcog.com
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.